飯岡沖のヒラメ釣り

2003年8月3日


飯岡港 隆正丸

飯岡沖の夏ヒラメ


快速新造船が並ぶ飯岡港

8月1日に梅雨明けしていよいよ夏本番の関東地方!
海の方も水温上昇でこのところ飯岡沖のヒラメの釣果が良くなってきたので早速8月3日に飯岡港 隆正丸さんに釣行してきました。
この時期の飯岡沖のヒラメ釣りの印象は1〜2キロ級主体ながらヒラメの活性が高くてアタリ多数あまり食い込みまで時間を待たなくても良い釣りと印象がありましたので、今回は竿を先調子のショットバイパーSで駆け引きを楽む目的でこのタックルを用意しました。
5時出船で航程40分の飯岡真沖へ
この日は水深35Mからスタート!
いつもなら1流し目から一人二人にヒラメがアタルのだが・・どうしたことかこの日は船中アタリなし。
船長も2流し3流しとコマめ流し直すが反応なし。
1時間ほど35Mラインを攻めるのだがこの日は船中ヒラメは0!なにやら今日はおかしいぞ〜〜


7時前後からポイントを移動して水深46Mライン、ここで船中ポツポツアタリが出だしてようやくヒラメが取り込まれだすが、いつもの活性高い飯岡沖の夏ヒラメとは様相が全然違う。
私にも8時半にアタリから引きこみがあり無事1.2キロの本命ヒラメをGET!が・・・
9時を過ぎたあたりから食い渋りで船中沈黙!
この後も最後まで食い渋りが続いて船中ではポツポツの展開で12時沖上がり、私にはこの日アタリはなんと2回と信じられない活性の低さ。結果的にいうとこの日の失敗は先調子のタックルを用意してしまったということになるのですが・・でもまさかこんなに食い渋るとは思ってもみなかったです。
今年は梅雨が長引いたおかげで何やら海がおかしいですね〜例年のこの時期のヒラメ釣りでは考えられないくらいアタリの数が少ないです。
梅雨明け間も無いので少し水温上がってくればヒラメの活性も回復するでしょうが・・近日中にリベンジ予定していますので次回をお楽しみに!


今回は先調子のショットバイパー使用

この日の釣果

ヒラメ 1.2キロ・・・1枚

この日のタックル

竿   ダイワ SHOT VIPER 230S
リール   ダイワ MF‐S250