保田〜富浦沖の真鯛釣り

2003年12月28日


保田港 国丸

海面から棚取る内房真鯛!


保田沖から朝焼けの富士山
絶景の中で釣り開始!

12月28日、実はこの日は南房総でヤリイカ〜鬼カサゴのリレー釣りを予定していたのですが前日の海の状況でビビッテしまって(前日は風が強かった)予定キャンセル!波の静かな東京湾で一日のんびりと・・ってな訳で内房のコマセ真鯛釣りに変更してこの日出陣!
今回は内房で海面から棚を取らせる珍しい船宿があるという情報をてつ丸さんから聞いて保田港 国丸に予約を入れました。
6時集合で当日は内房で海面から棚取りは初めてということで、釣り方など国丸船長にレクチャーしていただきました。仕掛け・釣り方を聞いていると東伊豆の初島周りの釣り方とまったく一緒でした。
6時半に出船してまずは近場の保田沖から釣り開始!
この日は真鯛の反応があるのだが水温が急に下がったということで魚の食いが渋め・・途中フグに針を持っていかれるなど状況は最悪・・10時に保田沖に見切りをつけて一路富浦沖へ移動。

富浦沖ロイヤルホテル前へ着いていきなり隣の人とダブルヒット!私にはキロ近いハナダイ、隣の人は600gくらいの真鯛が釣れ上がるが・・この日は底潮の潮目が悪くオマツリが多発!コマセが効いて来た11時くらいにはサバも出てきて移動。少し北上して釣り開始するのですがこちらも船中でキロ近い石鯛、私はハナダイを追加したのみ。沖上がりの2時までこのポイントを流すのですがその後は500g級の真鯛が船中2枚と残念ながら最後まで魚の食いが渋く終了。
この日は結局船中で真鯛3枚(いずれもグラム級)ハナダイ、石鯛などがポツポツと魚の食いが渋かったですね。
国丸流の釣り方なのですが、これはかなり真鯛を釣るのには理に適っていていいですね!
4月からの乗っ込みの真鯛攻略には最適かも?
この日の釣果は貧果でしたが、内房でおもしろい船宿見つけたという意味ではかなり楽しめた釣行でした。


富浦ロイヤルホテル前
この日竿卸したばかりの海征マダイ330!

この日の釣果

良型ハナダイ2枚

この日のタックル

竿   リョービ 海征マダイU330
リール   ダイワ シーボーグ300