白浜沖のヤリイカ釣り

2005年2月6日


千田港 かどや丸

南房総ヤリイカ開幕!


てつ丸さんが釣った当日最大!このサイズが増えてくると・・

このところ仕事が忙しくて土曜日も出勤が増えてきて疲れ気味・・この日も夜中に起きる自信なく釣行予定もなかったのだが、朝目覚めるとむしょうに釣りがしたいんだよね。
日曜に午後船でヤリイカやってくれる船宿はどこかないかな?なんて色々考えるんだけど、どうせ南房総でヤリイカ釣りやるなら千田港のかどや丸がいいとダメ元で電話。「今日は午後の予定ないけど・・・」なんて具合でなんとかOK!9時に釣り道具積み込んで千倉方面へ車で走り出す。
10時前に袖ヶ浦インター出るとかどや丸常連のてつ丸の顔が浮かんできて、今日かどや丸の午後船に乗ることを携帯で連絡。11時前に船宿到着しておばあさんと少し話して船着き場で午前船の帰りを待つ。
12時10分に午前船が帰ってきた!船長:「岩ちゃんど〜も」 私:「ひとりで出してもらってすいません」 船長:「てつ丸さんも乗るって電話あったから1時まで待ってて・・」
なんとてつ丸さんも午後船に乗るということで船長に電話していたんだね。
1時前にてつ丸さんが着いて1時に出船!航程30分の白浜灯台沖まで二人で久々の釣り談義。ポイントに到着すると勝山のヤリイカ船が居るだけとさすがにこの時期ヤリイカを午後から狙う船はいないみたい。
150Mで第1投・・底まで落として誘い開始!なんだかモゾモゾと感触あるのでゆっくり揚げて来ると胴長20cmもないヤリイカがツノに掴っていた。この時期はこれくらいの型が多いんだけど150Mでこのサイズのヤリイカのアタリをとるのは厳しいんだよね〜しかもこの日はヤリイカの活性低く乗り渋り気味。
早く段差付けてシャクると群れを散らす結果になる事が多いので細かくツノを揺らしてソフトに利きあげる感じで何とか小型を拾い釣り。時折サバ、フグ、スルメの邪魔があり乗せたヤリイカを振り落とす。この日のヤリイカはツノを抱かないで足で掴ることが多く揚げて来るまでに足切れしてバレちゃうんだよね。この後も苦戦の釣りで3時半までに何とかヤリイカ10杯とスルメ1杯!でも残念ながらこの日はこれで反応なくなり終了の5時前まで1杯も追加できずに終了。
帰りは船上でてつ丸さんにカップラーメンをごちそうになって千田港まで二人でカップラーメン食べながら釣り談義!ヤリイカの釣果はイマイチだったけど、かどや丸でこの結果なら仕方ないですね。この日はてつ丸さんにお付き合いしてもらって楽しい釣行となってよかったです。
てつ丸さん、お付き合いありがとうございました!


この日のタックル

竿    DAIWA HZ先鋭剣崎100-200
リール  DAIWA シーボーグ300
道糸   PE4号 
イカサビキ   プラズノ11cm6〜7本ブランコ仕掛け
ハイス フロロカーボン3号 幹糸 ナイロン5号
オモリ    120号