2006年6月釣行記


今年もカモシ釣り開幕!

2006年6月4日
外房のカモシ真鯛釣り 行川港 福栄丸

真鯛は1.4キロ。一応型は見たけれど・・・

前日は来月に控えた金洲遠征の用意でティアグラのハンドルを交換したり、仕掛けを作ったりしていたんだけど釣り道具触っていたら無償に釣りに行きたくなってしまった。今週は沖に出る予定なかったんだけどハンドルを交換したばかり(夢屋のハンドルに交換)のティアグラをテストがてらに開幕したばかりのカモシで真鯛でもと午後一で行川港 明成丸に電話するも船長が出かけていて連絡が取れない。夕方電話すると船長が電話に出たんだけどこれからではカモシの用意は間に合わないということで同じ行川港の福栄丸さんを紹介してくれた。
福栄丸さんにはこの日初乗船!港に5時集合で船に乗り込んで一路勝浦灯台沖へ。開幕したばかりなのでさすがにカモシの船は2隻だけ。今年はヤリイカがまだ好調を持続しているのでカモシに切り替える船宿はまだ少ないみたい。
一投目からサバが歓迎してくれた!これがまた次投入でもサバ・サバ・サバの辛い状況ですぐにポイント変え!御宿沖付近に移動すると今度は船中メダイがポツポツ揚がりだす。8時半くらいにメダイに混じって本命の真鯛が船中2枚出たのだが、ここにもサバが回りだして三本松沖へ移動。
三本松沖ではルアー船とカモシ船入り混じって流している。隣のカモシ船を見てみると3人ほどいい感じで竿が曲がってヤリトリ中でタモ入れで取り込まれたのはなんと4キロ見当のヒラマサ!
これを見た船長はすかさずヒラマサ狙いに切り替え!ハイスを8号6M、餌を朝釣れたサバを短冊に切ってハリ付けして投入!だが・・・この日はどうもヒイカ餌に食っていたいたようでサバ短ではメダイばかり揚がる。それにまたもやサバが邪魔しだして勝浦灯台沖(機関庫出し)に移動。船中皆さんサバ短でヒラマサ狙いを続行も釣れあがるのはメダイばかり・・私はヒラマサ狙いを諦め鯛仕掛けに切り替えてコロ餌(秋刀魚)で真鯛狙い。終了間際に本命からシグナルが来て無事に1.4キロの本命をGETしてこの日は終了。
予想外のヒラマサ回遊で盛り上がるも残念ながら船中ヒラマサのアタリはなし。やはりカモシ釣りするときはヒイカ餌は持参しないとダメですね(反省)。(+_+)
でもヒラマサ回遊は予想外の展開だったし本番は秋ですから、まだまだこの先チャンスあるでしょう?ちなみにこの日は真鯛船中3枚、メダイ(最大6キロ級)、サバ多数でした。

当日のタックル

竿  ダイワ ショットバイパー230S
リール  シマノ ティアグラ16

1810