2007年3月釣行記


走水の半日ビシアジ釣り!

2007年3月4日
走水沖のアジ釣り午前便 走水港 関義丸

走水のアジ初挑戦!
タマさんも真剣、いつものアジ釣りとは勝手が違う?

前日TVの釣り番組が久里浜沖のアジ釣りやってたのを見ていたら美味しいアジが食べたくなってきた。こうなったら釣ってきて食べるしかないってな訳でタマさん誘って走水沖のアジ釣りに行ってきました!
最初は乗り気なかったタマさんだけど数年前に地元のOさんにもらって食べた走水ブランドのアジの美味しさを話するとこれに乗ってきて釣行に付き合ってくれることとなりました。
走水の船宿のことはわからないのでこの方面に詳しいeichanに電話して詳細を聞いて船宿を走水港の関義丸さんに決定。午前・午後の2便制なので(通しもある)午前船に乗ることに決める。
7時半出船なので早めに出発して6時に走水港到着。いい場所確保と思いきや・・・すでに船には沢山竿が立てられていてほとんどいい場所は取られてるんだよね。6時半に受付済ませて仕掛けとクッション購入しビシと天秤は船宿で借りて船で出船待ち。
7時半に18人を乗せて航程5分の真沖でイワシのミンチをシャモジで解凍して釣り開始。
水深は60M、潮はかなり早い感じ・・棚指定は底から2〜3M!まずはスタンダードに棚まで天秤を持ってきてコマセを一振り。内心アジなんか簡単に釣れると思っていたのだが甘かった!!
頻繁に手返しするも当たりは全然なし。船長もポイントをこまめに移動するも船中重いムードでたまに一人当たってアジを取り込む程度の喰い渋り。
終了間際の11時過ぎまでこの状態が続いて私もタマさんも型見ないまま終了か?とボ○ズを覚悟したのですがようやくここでタマさんに当たり!中アジながら揚がってきたときはタモで掬ってようやく型が出た!この後私にもアジ特有のクンクンという当たり!これも大事に揚げて二人ともボ○ズ脱出、アジが釣れてこんなに感動したのはいつ以来かな?(笑)。ここから少し活性上がって私3匹、タマさん4匹GETして沖揚がり。船中ボ○ズの方も多かったみたいですが何とか土産は確保できました。
この日釣った走水の金色に輝くマアジは刺身、なめろうでこの日の夕方食しましたが、これがまた美味い!何をどうすればこんなに美味いアジになるのか?とにかく食味抜群で最高でした。
タマさんお疲れ様!苦労しましたが美味しいアジGETできてよかったです。走水のアジはこれから旬の夏にかけてますます脂乗りよく美味くなりますので次回は7月頃にもう一度チャレンジする予定です。

アジ船団、この日はどこも喰いはイマイチ?
走水沖のアジ、金色が濃くて綺麗!

この日のタックル

竿  ダイワ HZ先鋭剣崎100-200
リール  シマノ 電動丸3000H


1904