2007年6月釣行記


内房のマルイカ釣り

2007年6月10日
内房富浦沖のマルイカ釣り 富浦港 酒井丸

全般的には小型が多いものの群れの中には良型も!

6月に入って内房のマルイカが本格化してきました。内房の船では連日TOP三桁釣果で絶好調!この日はタマさん、小林さん、石原くんの3人と富浦港 酒井丸を仕立ててマルイカ狙い!
5時出船ということで4時40分に港に着くと酒井丸船長が「早く用意してもう出るから!」とのこと、前日は朝のほうが乗りがよかったとか?すぐにウエアーに着替えて5時前に富浦港を出発!航程10分の富浦沖の水深30Mでマルイカ釣り開始。
出だしは控えめにブランコ仕掛けでスタート!ポツポツアタリを拾う、2点掛けがないものの模様が出ると1杯乗るなんて感じの拾い釣りでなんとか9時にツ抜け。船長曰く「全然昨日と様子が違う」とこの日は魚探にイカの模様がないみたい。
9時過ぎから晴れ間の出ていた朝の天気とは一変して空は厚い雲に覆われてきて9時半から雷も鳴り出して激しい雨が降ってきた。
ここで一旦釣りを中断して富浦漁港に避難!30分ほど雷雨が通りすぎるのを待って釣り再開。
しかし・・・この後も乗りは一向に上向かず午後2時に沖揚がり!結果TOPは小林さん20杯、私16杯、石原君12杯、タマさんは残念5杯でした。好調を聞きつけて仕立てたのですが、マルイカは中々乗りのいい日に当たりませんね。(涙)

当日のタックル
竿 シマノ ショートゲーム20-180
リール シマノ 幻風 300F

1908