2007年8月釣行記


沖本釣り会 IN 三宅島

2007年8月5日
三宅島のコマセ五目&泳がせモロコ狙い
三宅島 天狗屋 (若生丸)

高橋哲也さんと記念撮影!

8月4日 19時半にタマさんが家に向かえにきていよいよ三宅島に渡って釣り会を開催!鯛多肉さん、タマさん、えてもんさんと竹芝桟橋で21時にきなこいぬさん、CHIBAさんと合流。22時半出船の東海汽船に乗り込んで一路三宅島へ
11時過ぎまでみんなで固まって2等船室でビール片手に軽く宴会、それから仮眠をとって5時に三宅島に到着!港には高橋哲也さんと天狗屋スタッフ(ちなみに天狗屋さんは高橋哲也氏の両親が経営している)が向かえにきてくれていた。荷物を積み込み車に乗って10分ほどで天狗屋に到着。

あいにくの風で海が悪く
カンパチポイントには行けず・・残念!
当日お世話になった若生丸
船は綺麗でとてもGOOD!

天狗屋さんで軽く朝食を食べてからカッパに着替えて港に到着。
当日乗る若生丸船長と打ち合わせ、船長が朝一に海を見てきたところ残念ながらカンパチのポイントには風向き悪くて入れないとのことで狙いはコマセ五目から泳がせ釣りはモロコ狙いに決定。
6時半に出船してまずはコマセ五目をやりながら泳がせの餌になるムロアジとサバを獲る!ハイス8号のシマアジ用のウイリー仕掛けでまずは指示棚を探ると早速ムロアジの当たりがあって順調に生き餌を取り込むのだが、沢山混じると思われていたウメイロはきなこいぬさんが釣り上げた1匹のみ。残念ながらアオダイやヒメダイも不発でアカイサキ、サバとムロアジばかりの五目となってしまった。9時過ぎに私、タマさん、きなこいぬさん、CHIBAさんはコマセ五目に見切りをつけて泳がせ釣りに移行するも、当たりなく時間ばかりが過ぎてゆく・・・コマセ釣りで頑張ってる鯛多肉さんとえてもんさんもアカイサキばかりで閉口気味。船長言うには水温が高過ぎていい魚が口を使わないとか?この日は山場なくこれまでか?と思っていただが・・・
11時過ぎにきなこいぬさんの泳がせ竿の竿先がなにやらおかしい!「死んだサバ餌付けているのに竿先がブルブル震えてる」ときなこいぬさん、慎重に併せのタイミングを測るも竿先から当たりが消える。仕掛けを回収してみると餌が抜かれている。と・・・次の瞬間、隣のCHIBAさんの泳がせ竿の竿先が一気に海面へ突っ込んだ!!

ここからは↓の画像でお楽しみください。

CHIBAさんの泳がせ竿に大物HIT!
ウインチで懸命に巻くCHIBA氏。
剛樹のヒラマサ竿の竿先が
海面まで絞り込まれる!
海面にポッカリ浮かんだモロコ
32.8キロのモロコが揚がる!

「サメかエイか?」と言っている中で海面に揚がってきたのはなんと32.8kgのモロコ!
ギャフで船に取り込んでみるとこれがまたデカイ!!CHIBA氏は泳がせで初めての獲物はなんとモロコとなりました。
この後、もう一本と船中気合が入るもこの日はここまでで13時に沖揚がり。
この日私は釣果なしでしたがモロコが揚がるのを見たのは初めてで感動しました。
また機会があれば三宅の海でモロコやカンパチ狙って泳がせ釣りやってみたいですね。
CHIBAさんモロコGETおめでとう!三宅の海に感激です!!

CHIBAさんモロコGETおめでとう!

この日のタックル

竿 FRONTIER BEAST 150 SP
リール シマノ ティアグラ 16

1910